メディア

【ピュビケアはり灸】東洋医学の知識を身近に #5

【冬の養生/セルフケア〜冬真只中〜】

11月の関東地方の気候は、割と温暖でした。ですが、日々の気温差が激しかったような気がします。

 

※基本の「冬の養生」は#4をご参照ください

 

~これから年末年始に向けて~

11月22日「小雪」―寒さが本格化し始める時です。

12月21日「冬至」―昼が1年の中で一番短い日。夜が一番長い日でもあります。

今回は、この期間の養生についてお話しいたします。

 

日本では、冬至には南瓜を食べたり、柚子湯に浸かったりする風習がありますね。

韓国では、小豆粥を食べます。この小豆粥の風習は、本来「伝染病の厄除け」として中国から伝わったそうです。

 

【小豆の効能】

  胸に溜まった水はけに。

  お腹に溜まった水はけに。

  下半身のムクミに。

  痒みを伴う発疹に。

成分的には、食物繊維、サポニン、イソフラボン、アントシアニン、その他

 

【この時期おすすめ!Pubicare 温活アイテム】

この季節はみぞおちから下腹部全体が冷えている方がちらほら。

  肩こり(胃腸からくる肩こり)。

  便秘。

  婦人科疾患。

そんな症状が全て出ている方には、

「まろやか腹巻パンツ」

「まろやか温活幅広ベルト+5℃」

はどちらもお腹全体、腰回りをやさしく包み冷えから守ってくれます。

 

ー次回は体調を崩しやすい年末年始の養生ですー

 
  • Cosmetics
  • Pubicare online shop

ページの先頭に戻る